Blog&column
ブログ・コラム

2月になりました

query_builder 2024/02/02
ブログ
利弁堂

 

皆さんこんばんは

今日も1日お疲れ様でした!

 

さて、明日は節分・立春ですね!

様々な暦の中で1年の変わり目としても知られていますが、

「節分」とは詳しくはどのようなものなのでしょうか

 

 

 

太陰太陽暦では立春に最も近い新月を元日とし、新年の始まりであることから、

一般的に立春の前日に節分の行事が行われるようになったそうです

これが旧暦というものですね

 
では、節分とは具体的に何をする日なんでしょうか

 

一般的に邪気を払い、無病息災を願う行事、と言われています

昔から「季節の変わり目は邪気が入りやすい」と考えられていて

また「2月上旬はまだ寒く体調を崩しやすい」ことから、

新年を迎えるにあたって、邪気を祓い清め、

一年間の無病息災祈る行事として追儺(ついな)という行事が行われてきました

 
元々の発祥は中国だそうですが、大陸文化が広く取り入れられた平安時代に、

大晦日に宮中行事として追儺が行われるようになったと言われています

これは疫鬼などを追い払うもので、

大晦日に陰陽師がきて厄や災難を祓い清める儀式だそうです

そのため中国では元日よりも旧正月にあたるこの時期を大切にしているのでしょうね

 

 
古くは「続日本書紀」のなかに、疫鬼払いとしての記述があったそうで、

宮中行事としての追儺は徐々に衰退し、江戸時代には行われなくなったそうです

 

しかし、いつの頃からか、追儺は豆をまいて鬼を払い無病息災を願う

「節分」という行事として庶民の間に広まり、定着していったとのことです

 

 

そして節分という言葉には、季節を分けるという意味があり、

本来は季節の始まり日である

二十四節気の「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のすべてを指します

 
二十四節気は天体の動きに基づいていて、太陽と地球の位置関係で決まり、

立春は太陽黄径が315度となる日のことです

軌道周期は1年きっかりではなく、少しずつズレが生じていっていて、

4年ごとに1日増やしたうるう年を設定することで、帳尻を合わせています

 

 

さて次回はなぜ豆まきという風習があるのかを話していこうかな

 

それでは今日はこの辺で失礼します

 

 

 

NEW

  • 春の不調

    query_builder 2024/04/19
  • 春のベランダ

    query_builder 2024/04/02
  • 春到来?!

    query_builder 2024/03/29
  • 花粉・ホコリ・黄砂

    query_builder 2024/03/19
  • 【遺品整理】これからの仏壇事情

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE